ファイル-2019-02-01-7-15-12






人の数だけ、人の考えや想いがある訳ですが、

それを押し付けたり、相手に嫌な思いをさせるのはよくないと思うのです。

至極当然のことですが。




SNSが普及して、各々の思考をぶつけているのを目にした時、そう思います。

”ぶつけている”と感じるのは、相手がどう感じるかを考えず、一方的に不満や批判を発信している事です。

確かに嫌なことがあって、それを知って欲しくて発信するのも分かりますが、

相手を顧みず、公の場で特定の相手に対して批判するのは如何なものかと思うのです。




私には一回り離れた弟がいるのですが、

ある時、物の言い方に注意したことがあります。

本人曰く、「自分が言われて嫌な事は言わないけど、それは自分が気にならないから言った」とのこと。

よくある、”自分がされて嫌な事はしない”は、

彼にとって”自分が気にならない事ならしていい”という考えです。

ですが、冒頭でも話した通り、”相手がどう思うか・どう感じるか”が問題なのです。




SMクラブで一人一人と関わってゆく内に、

様々な考えや想いがあるのだと、深々と知りました。

例えば”足フェチ”としても、多種多様に足への嗜好があるように、

一つに対して、様々な視点があるのです。




SMやフェチこそマイノリティーなのに、それに従事る人間が、

相手への理解なく、”ごく少数の一部”に対して、批判的なことを言うのはどうなのか、とも思います。

(もちろん非人道的なことは除いて)
(非人道的SM行為はしていますが笑)




”相手への理解なく”とは、そこにごく少数でも様々な考えや知られざる経緯があるのに対し、理解がないという事です。




SMという人を導く上で、

”何て言えば響くのか?”

”こう言えばどう思うのか?”

”もしかしてこう思うのか?”

相手に対して、色んな可能性を考えられなければ、相手が思う以上の先へは導けません。




ただ偉そうにするのが女王様ではなく、

どれだけ人を魅了できるかが女王様なのではと自分は思います。

”裸の王様”ならぬ”裸の女王様”にはなりたくないですよね。




SMを通して、皆さんと触れ合うことにより、
より柔軟な考え方になれたと思っています。

色んな方が居て、色んな経緯があり、色んな想いがある。

しかも、皆さんは紳士的な方ばかりで、普通に生きていたら出逢えない方々です。

私はこの出会える機会に、本当に感謝しています。




勿論、良い出会いばかりじゃないのかもしれないけど、色んな事があっての人生ですから。

どんなに嫌なことがあっても、
そういう人なんだと認めて、自分はそうしないよう気を付ければいいこと。

損なことと捉えず、経験として捉えればいい。




自分の意見を突き通すだけではなく、

先ずは相手を尊重した上で、
色んな考えや経緯があることを、考え得ることです。



どうせ生きるのなら、批判的・悲観的よりも、
前向きにどう有意義な経験として捉えるかが大事だと思います。

何事も、気の持ちようです!




人の感情は連鎖もするしね。

ご飯に行ったり買い物した時も、店員さんに笑顔を向けると、
たまに笑顔で返してくれるのが密かに嬉しいです。

ですが、私がブスっとしていたら、きっとそうはならないし、
店員さんが笑顔で接してくれたら、こちらも気分が良いものです。




長々と書いてしまいましたが(笑)

実は家族や友人に、私は短気だとか、怒りんぼだと言われます。(自身もそういう節があるとも思う)

なのに何故、接客業・サービス業をしているのだろうと、ふと思ったことがありました。

でも答えは簡単で、人とのコミュニケーションが好きだからだと府に落ちました。




大人になるにつれ、何度も繰り返し自身の考えを改めてきました。

これからも試行錯誤を続けるだろうし、より良い関係を築く上で心を寛大にし、
そして、心豊かでいようと思います。







<追記>
ネットで話題になっているこの方の動画はとても共感します。

タブーに対して発言するのが悪ではなく、

”相手の理を認める”
”対立を生まない言葉を選んで話し合う”

対人関係で最も大事なことだと思いました。









スポンサーサイト